保 険

このページの最終更新日は 02/12/01 です。

 

  基本的には、独身の頃は、自動車保険だけ入っていればいいと思います。

で、200万位の貯金があれば、万一があっても葬式代も足りるし、終身保険なども要らないでしょう。

 

 結婚しても子供が生まれるまでは、奥さんは再婚できるものと考えて、保険は要らないと考えるべきでしょう。

それよりもその分、給料から天引きで、貯金が賢いと思います。

 

 子供が生まれて初めて、逓減型(受取額がだんだん減っていく(子供の成長につれて))の定期(掛け捨て(貯蓄型よりも少ない掛け金)

に入ろうと思います。あと、あえて入るとすれば、支払い一定の医療保険(きちんと1日目から出るやつ)でしょう。

 

 という事で、自動車保険のオンライン見積りなどできる所を探してみました。

 

 自動車保険だけは、いざというときの為に任意保険に入っておくべきです。最低限、対人、対物は無制限にしておくべきでしょう。

過去の判例では、2億円以上もの損害賠償を認めた例もあるらしいです。会社役員や10代の若者が被害者だと多くなるみたいです。

踏み切り事故なんかも、かなりの損害額が請求されると思うので、対物の無制限もいると思います。

(余談ですが、大きなタクシー会社は保険をかける額が、大きくなる為、保険に入らず、事故は自分の会社で払っているらしいです)

 

 車両保険は、新車で高い車を買った時には、必要かもしれませんが、年々、車の価値も下がるので

見直しをするべきでしょうね。高い車両価格を設定しても支払われない事もあります。

私は、車両保険は入ってませんね。その保険額で安い中古車なら買えると思っちゃうんで…

 

自動車保険

価格.COM

インズウェブ

オーバイテル Click Here!

保険スクエbang!

 

生命保険

保険スクエア bang!

 

サラリーマンのお小遣い日記へ  マネー虎の穴へ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO