おすすめ!E*トレード証券口座開設まで

このページの最終更新日は 03/02/22 です。

 

↓携帯端末対応で手数料が一番安い!

 

 私は、通常の取引では証券会社をひとつしか使ってません。

(るいとう用にUFJつばさ証券も作りましたが…)

証券会社は、E*トレード証券ですが、選んだ理由は以下の理由でした。

 1.手数料の安さ

 2.顧客数の増加数

 3.業績

 4.i-mode対応

 

 開設は、ネット上でE*トレード証券にアクセスして

必要事項を打ち込むと、1週間もせずに資料が届きました。

必要事項を記入して印鑑を押して、また1週間ぐらいで資料が来て開設となりました。

感想としては、カードを作りより印鑑を押す所と記入箇所が多いかなという感じでした。

 

 さて、次にお金を振込でしたが、即時入金ができるという事で

富士(現みずほ)銀行に口座作りましたが…実際、最初にどうしても買いたい

銘柄があり急いでいるとか、お金の移動を頻繁にするひとなら必要でしょうけど

私には実際必要ありませんでした。

 

 私の入金までの流れは、まず郵便局から貯金の100万をおろし

郵便局からカードで新生銀行に預けて、家に戻ってパソコンから

E*トレード証券に預け入れました。

 

 ちょうど休みの日だったので、反映されたのは、月曜日か火曜日だったと思います。

メールでE-トレード証券に質問をしたのですが、スムーズに返事いただき

で、無事最初の銘柄、ベンチャーリンクを買いました。

株式分割で買ったのですが、これが痛い失敗でした。

 

 まあ、なんとか少しのマイナスで済みました。手数料の安さがあるからでしょう。

株で儲けるには損切りを上手くできるかが重要だと思うので手数料は重要です。

あと…中国株やIPOや公募の為に、他の証券会社の口座も開こうかなと思ってますが

メインはE-トレード証券にしていくと思います。

 

 その他の良かったなと思った事。

 ・指値を最高7営業日、有効にできますので、毎日指値をする必要がありません。

 ・地方の銘柄も取り扱いができます。私も場合、福証のジョイフルが買いたかったので。

 

 

 E*トレード証券の使用感想(平成14年12月28日)

 さて、株をはじめて10ヶ月になりますが、その間証券会社を

変更を考えたのは、一度だけ「内藤証券」に変えようかと迷いました。

 

 理由は、取引手数料最低500円というのと中国株を扱っているという点でした。

ただ、現時点で作ってないのは、携帯端末に対応してなかった。

(サラリーマンにとって、携帯で株価チェックできないのは痛いです)

ちなみに、E*トレード証券は取引高50万円までは、手数料は700円(税別)です!

 

 で、E*トレード証券オンリーです。

 

 長所としては、手数料が安い!携帯端末対応!

(実際、伸びている会社ですよね〜)

あとは、率のいい社債(ニッシン)が1回あった点ですね。

 

 短所としては、携帯でチェックする時に、いちいちログインをする必要がある。

結果、パケット通信料が高くなるという点です。チェックは1日3回までにしてます。 

 

 これからもっと、活用していく為に来年からは信用取引もできるようにしたいと思います。

ただし、これは単に手数料を安く抑える為だけに利用します。

(信用取引だと手数料一律550円!なので、現引きしたら逆日歩が高くなければ、少し安く済みます)

信用売りが、勝率が高くなるのでしょうが、欲を抑える為とリスクを押さえる為に、

現物で当分の間は、頑張っていこうと思います!

 

 

 E*トレード証券の使用感想(平成15年2月20日)

 このページからE*TRADE申し込んでいる人が、増えてきたので

他のメリットを書いてみたいと思います。

 

 私は使用していないのですが、アクティブプランというのがあります。

デイトレをする人は、ぜひアクティブプランを利用すべきでしょうね。

利用しない日とたくさん利用する日をきちんと分ける人も、いいかもしれません。

 

アクティブプラン…一日に何回取引してもある約定代金までは定額。
株式委託手数料(現物・信用取引とも)
1日の約定代金合計額 アクティブプラン現物・信用取引
300万円まで 1日に何回取引しても  2,000円
600万円まで 1日に何回取引しても  4,000円
900万円まで 1日に何回取引しても  6,000円
以降300万円増える毎に 2,000円増
※例)一日の約定代金合計額が1,300万円の場合→手数料は10,000円
スタンダードプラン…1注文の約定代金に対して手数料を払います。
株式委託手数料(現物取引)
1注文の約定代金 スタンダードプラン現物取引
50万円まで 700円
50万円超〜100万円まで 900円
100万円超〜150万円まで 1,100円
150万円超〜 1,600円
株式委託手数料(信用取引)
約定代金にかかわらず  一律550円

 

 あと、利用する人は少ないと思いますが、コールセンターもあります。

コールセンター株式委託手数料
1注文の約定代金 コールセンター手数料(現物・信用取引)
50万円まで 2,800円
50万円超〜100万円まで 3,600円
100万円超〜150万円まで 4,400円
150万円超〜 6,400円

 

↓資料請求は、無料です。将来の資産運用の勉強に♪

 

『サラリーマンのお小遣い日記』へ    『マネー虎の穴』へ    

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO